上武道路 新規開通区間の渋滞の元凶は多すぎる信号

上武道路が2017/03/19日をもって渋川までの全線が開通した。

この開通により交通量が増えたのだが、同時に新規開通区間で渋滞が早くも恒常化している。

この渋滞の元凶は誰の目にも明らかで幹線道路にもかかわらず、平面交差が多い上に、全く交通量がない(あっても1-2台)の信号が目に見える範囲で並んでおり、ストップアンドゴーで渋滞が発生してしまっている。

これは信号機のタイミングを調整すればもっとスムーズに流れるはずで、群馬県警には今すぐ着手してもらいたいものである。
(現状だと新規開通区間の渋滞があるときは、それ以外の道路を使ったほうが早い!)

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.