用水路の恐怖

JAF Mateで岡山の用水路転落事故の記事を見て

自分が子供のころに新潟の母親の実家に行くと柵無しの用水路が通っており、子供心に恐怖の存在であった。
あまり冬場に訪れることはなかったので底が見えないほど水量があった。

時は流れて数十年。さすがに転落事故はなかったのだろうが、住宅地のそばをとおっているからかいつの間にかふたができており転落の危険はなくなった。

しかし全国的にみると危険な用水路は残っているという。
特に高齢者による転落事故が今後増えてくるので対策必須ではあろうが・・・

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.