ハンディGPS Garmin etrex10 vs GPSアプリ スピードメーター精度対決

新幹線に乗るとつい速度を計測したくなるので、ハンディGPSを持ち歩いているのだが、ふと最近のスマートフォンのアプリの精度はどうなのかを比較してみたくなった。

試したのはAndroidのスピードメーター HUDというアプリを入れてみた。フラッグシップモデルであるnexus6pと格安SIMフリーであるpriori2に入れてみた。

結果速度計に関してはほぼ同じ値を示すので正確性十分。ログもGPX形式とKML形式でメール送信できるのでUSB接続で転送しなければならないGarmin etrex10よりも便利かもしれない。
(GPXのポイント取得間隔が1秒単位がデフォルトのようでサイズが大きくなる。設定で変更できるかもしれないが)

ただしGPSアプリの弱点としてバッテリー消耗が増えるかなというのが問題。
この点etrex10なら25時間は持つ。

あとはGPSが入りやすいかどうかはAndroid端末個別に依存するので、GPS捕捉が早い端末を利用しているならば、ハンディGPSの代わりとして使うことができそうだ。

カテゴリー: 携帯, パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.