外食受難 外国人店員によるミスが続いた!

先日金曜日に入った揚州商人目黒店にて、ここでは麺の太さを選べるのだが、太麺を注文したのだが、なぜか細麺が来てしまった。

カウンターの店なので自分の麺がゆでられるときに、細麺と言っていたのでなんとなくやな気がしたが、ビンゴ。

しかしクレーム付けて作り直しさせるのもプラス10分の上に実習中の中国人の若い店員がかわいそうなので、細麺にトライというプラスにとらえてそのまま食べた。

翌日はCoCo壱のカレーを頼んだら、スプーンではなくフォークが来た。
さすがにカレーをフォークで食べることは難しいので、ここは交換。

ただしここのお店も半分以上外国人(南米系の人もいた)なので、こういうミスもあるのだろう。

都心のコンビニやチェーン店ではどんどん外国人アルバイトが増えてきており、ほとんど中国人が占めている時間帯もある。人手不足なのだなと感じた次第。

カテゴリー: グルメ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.