JR/小田急 連絡改札口磁気乗車券とIC乗車券併用失敗でタイムロス

小田急とJRの連絡改札口は今まで小田急磁気乗車券→JRのICの順番で通過したことはあったのだが、本日はJRのIC→小田急の磁気乗車券の順序で初めてトライ。

別何のトラブルもなくうまくいくと思っていたら、なんと磁気乗車券が数秒間機械に巻き込まれた上に、IC乗車券の記録までおかしくしてくれた!
(連絡口は諦めて、普通に改札外乗換しようとしたら、出られなかった)

磁気乗車券二枚投入(券づまりはあるけど)かIC一枚での乗り継ぎと違って、
ICと磁気乗車券の組み合わせは時間差があるからエラーになりやすいのかもしれない。

一旦改札から出られなくなると、係員のいる窓口の列に並ばねばならず危うく電車に乗り遅れるところなのであった!

追記:よく調べたら投入順序は必ず磁気乗車券が最初で、ICが後とのこと。
今回は乗車順序でICタッチして、すぐ磁気乗車券だったけど逆順だったという・・・

次回リベンジ!

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.