台湾取材 AUのCDMA2000端末を利用してみた

AU携帯電話が採用している通信方式はCDMA2000というもので、世界では少数派。

ベトナム、フィリピン、タイのいずれの国でも利用不可能で、一世代前のGSM対応の端末にわざわざ入れ替えて渡航していた。さすがに台湾はアジアの中では先進国なので、CDMA2000の通信方式に対応しており、手持ちのT008をそのまま持ち込めた。空港についてグローバルモードで海外にしたらすぐに電波をつかんだ。

海外ローミングは高いので基本的にこちらからの通信はしないのだが、ものの試しに日本に通話してみた。
若干呼び出しまでにタイムラグがあるが、無事日本との通話ができた。

しかーし、一分間で175円もかかるという!今はLINEなどのメッセンジャーアプリでも電話ができるので、通話を使うことはあまりないだろうが、非常時の手段として日本の携帯を持ちこんでおくとよいだろう。

カテゴリー: 台湾, 海外 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.