首都高中央環状品川線 初走行レポート

2015/03/07に開通した中央環状品川線。

このルートは東京西部や埼玉県から湾岸線方面へ抜けたいときに、都心環状線を通らなくてすむようになるので非常に期待が高い新ルートの誕生となる。

距離的にも若干の短縮となるし、5号線からだと通るJCTの数が減るので首都高に不慣れなドライバーほど助かるだろう。

通ってみた感想は新規開通区間でまっすぐトンネル掘ったイメージを持っていたが、実際には山手通りの下を掘っているので、それにそってカーブが多い。調子こいてスピード出すと危ない(60キロ制限)

終点となる大井JCTは都心環状線から湾岸線はどちらでもいけるようになっている。湾岸線のどちらからでも都心環状線に入れる。唯一なくなったのは湾岸線西行きから1号線上りにUターンできる経路だが、ほとんどの人にとっては使ったことがないルートだから利便性の低下にはなっていない。

帰りも使ってみたが湾岸線からスムーズに中央環状線に入ることができる。これまでだと芝浦・浜崎橋JCTの大渋滞と車線変更が大変だったけど、今後はよほどのことがない限り都心環状線ルートが主流となるだろう。

しかし熊野町・板橋JCT間の渋滞は日増しにひどくなっているようで、4車線工事の完了が待たれる!

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.