海外での家電製品利用 コンセントについて考える

海外へ行くとなると問題になるのがコンセントの形状と電圧の問題。

コンセントの形状は変換アダプターを使えば何とかなるが、電圧の問題は対応していない場合は最悪家電製品を壊してしまいかねないので注意が必要。

シンプルにするために世界共通の企画(USB)で充電できるものは、そちらで充電すると言うのがお勧め。

USBでのマルチ充電器を持って行けば、ガラケー、携帯ゲーム機、スマートフォン、iPhone系はカバーすることができるだろう。

ノートパソコンなどACアダプターを利用する機器はたいていアダプター側で100-240Vまで対応しているのでコンセント部分さえ変えれば、そのままつかえる(古いAUの充電器は国内のみ対応だったので、ちゃんと確認すること)

逆にACアダプターがない家電はほとんどの場合、日本製品を持って行っても使えないことが多い。ドライヤーなどが最たるもの。海外対応製品を買うか現地でも1000円ぐらいなので現地で買うか迷いどころ。

カテゴリー: 海外 パーマリンク

海外での家電製品利用 コンセントについて考える への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 海外での家電製品利用 コンセントについて考える ベトナム編 | Rutake.com Blog

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.