ベトナムはコーヒー輸出大国なのに知名度が低い

コーヒーといえば南米各国やアフリカなどを思い浮かべる方が多いと思うが、コーヒー輸出世界一はアジアのベトナムなのであります。

ただしロブスタ種というマイナーな豆が主流のため、あまり注目はされていない模様。

しかしベトナムコーヒーといえばその濃いコーヒーにこれまた濃いコンデンスミルクを自分の好きなようにかき混ぜて(そこにたまっているので自分好みの甘さにかき混ぜる)飲むのである。きっとあれはロブスタ種のコーヒーなのだろう。

その濃さが懐かしい今日この頃。

カテゴリー: グルメ, ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.