大雪の道路は関東のほうが手ごわいという結論

二週続けての大雪だが、やはり雪に対する備えが違うので雪国ならなんてことがない積雪量でも首都圏では交通マヒに陥ってしまう。

実際2/8に佐久から帰ってきたときには下仁田までは通常の雪道と変わることなく、このペースなら普通に帰れるのではとおもわれた。

が、首都圏に近づくにつれて、路面状況が格段に悪化していた。
まずチェーン装着の大型車がおおいため、氷の塊ができてしまう。さらにその上に雪が覆いかぶさるため、通常であれば氷を見てスピードを落とすなどの判断ができず、不意にハンドルを取られてしまうケースが多発。

あとは周りが雪道に不慣れなドライバーが多いので、発進時にふかしすぎて空転したり、FRが発進不能でふらついたりなど普段の雪国では味わったことがない恐怖を感じた。

結論

首都圏で大雪が降ったときは、仕事以外のお出かけはすべてキャンセルしておとなしく家にこもっているべし。

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.