大雪による高速通行止めのときは缶詰覚悟で

地方なら大して影響がないような積雪でも、都市部では残念ながら除雪車がすくない、不慣れなクルマが事故を起こすなどして通行止めになることがよくある。

この通行止めになっている状態で付近の一般道や通行止めの高速にいたら悲劇の始まり。一般道はもっとひどい路面状態にもかかわらず、高速降りる車が殺到し、渋滞し、上れない車が出たり、事故が起きたりする。

通行止めに巻き込まれた人の話を聞くと1時間で1キロとかコンビニで食料がなくなったり、トイレ待ちがすさまじかったりと修羅場となるのである。

というわけで高速通行止めが予想されるときは出かけない。すでに出かけてしまっている場合は勇気を出して早めに引き返す。引き返すときに通行止めが予想されるのであれば、渋滞にまきこまれて帰る時間は大して変わらないと思うので手前で宿泊するなど避ける努力をすべきだろう。

先週の関越通行止めは朝まで12時間ドライブとかざらだったようだし、今週の東名通行止めは10時間ピクリとも動かないとかも・・・

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.