メガバンクコンビニATM無料回数制限対策 現金利用を減らす

いまだに護送船団方式で横並びのメガバンク。

500万預けてようが、1000万預けてようが、まもなくコンビニATMの無料利用に回数制限がつくようになる。

というわけで対抗策として、

無料のうちに1000円下ろす、1000円預けるを一日中繰り返して溜飲を下げる・・・・
というのは建設的ではないので別の策を考えよう。

現金を使う機会を減らしてしまえば、現金を引き出す必要もなくなるわけである。

電子マネーやらクレジットカードがつかえる日本でこれらを利用しない手はない。

というわけで使える場面では電子マネーやクレジットカードを使っていこう。
ただしチャージに現金が必要な電子マネーだとあまり意味がないので、クレジットカードからチャージできる電子マネー(オサイフケータイだとクレジットチャージ対応多し)かポストペイ型の電子マネー(QUICPayやID)を使うべし。

また、現金払いとクレジットカードで差がない場合(差があるのは家電量販店のポイントとか)は迷わずクレジットカード払いにすべきだろう。

というわけで日常買い物のほとんどをカード払いにしてみたところ、
小銭がたまってたまってしょうがない。
(使わないので)
金を下ろす必要がほぼなくなった。

クレジットカードのポイントもたまるし、現金排除で行きましょう。

カテゴリー: 日常 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.