仁川国際空港 搭乗棟(Concourse)

前回の帰国時に始めて訪問した搭乗棟

ポイントは「一度行ったら旅客ターミナルには戻って来れません」ということで、搭乗棟にどんな設備があるのかという案内が公式サイトでも少ないので乗せておく。

まず一般的な免税店をはじめとするショッピングエリア、フードエリア、両替所などはきちんと用意されているのでご安心を。旅客ターミナルだとよくみるロッテ免税店は見かけず、シンラ免税店のみ。全部は確認してないけどここでも日本語通じる。土産コーナーのおばちゃんの押しが強くて$36ドル分買ってしまったが、そのぐらい買うと小さいお菓子のおまけをつけてくれるようだ。

ちなみにロッテ免税店だと日本円で払って日本円でお釣りくれたけど、シンラ免税店は「おつりがウォンになります」といわれたのでクレジットカードで払ったというエピソードあり。そこの点はロッテ免税店のほうが便利だと思ったな。

次に仁川名物?無料シャワー。搭乗等の4Fマッサージコーナーの中にあります。

シャワールームには足吹きマットなどはなく、アメニティもないので石鹸やタオルなどは持参した方がよい(液体系は機内持ち込みめんどくさいので、固形石鹸で)。
ドライヤーもないが、これらのアメニティは受付で有料レンタル可能。

シャワー、トイレ、洗面所、着替えスペース含めて一人で使うにはもったいないぐらいの広さはある。

今は搭乗棟が一つしかないけど、そのうち4つまで増える予定とのこと。その時には、間違った搭乗棟に降りちまったケースを想定して、旅客ターミナルとの行き来を自由にできるようにしてもらいたいね。

カテゴリー: 飛行機 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.