日本航空 ボーイング767-300

日本人のくせにすっかり大韓航空のヘビーユーザーとなっており(だって安いんだもの)、ほとんど利用する機会はないかと思いきや。ベトナムからの早帰りルートでは日本航空便が重宝される。

需要がほどほどの国際線では767がよく使われるようだ。話題の787はこれの置き換えモデルなのだけど、あの事故のせいでしばらく767運用が続くかと。777との違いは収容力が小さいのと、シートの配置が2-3-2ということ!これは通路側の座席が多いことが容易に想像できるね。
収容人数で言うと747 > 777 > 787 > 767 > 737の順

飛行機初心者のころは窓際を希望していたが、トイレに行きやすいので最近はもっぱら通路側希望しまくり。「アイルシート」って叫んでいれば、割り当ててくれます。意外と競争率が高いのか取れないこともあるけどね。

この767の非常口前席は前に何もなくって、足伸ばし放題。737のちょっと足元が広い程度とは比較にならんな。残念ながら座ったことはないけど。

二列あるので乗車するときも、トイレ行くときも737に比べるとスムーズ。

機内食は一方は深夜便だったのでオムレツとパンとゆで野菜の軽いもの。もう一方は早朝便だったため、前に酷評したライトミール。夕食時間帯に遭遇してみたいものだ。

CAはベトナム便は日本人以外のほうが多かったようだ(日本語通じるけど)。韓国便は日本人CAばっかり。

大韓航空と日本航空は日韓でコードシェアを行っており、乗る便が4桁だとコードシェアと考えておくのがよいでしょう。KE5001は日本航空JL950のコードシェア。JL5200は大韓航空KE701のコードシェア。

カテゴリー: 飛行機 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.