寒いところではバッテリー能力落ちます

続いて極地に赴いて実験その2。

極寒のスキー場でバッテリーにどの程度影響があるのか。
この日は福島県のグランデコにて実験。

気温は氷点下6度!

SH-12Cの電源を入れる。。。
あれ、カメラの反応がないぞ。おかしい!
マイクロSDも認識しないみたい。
一分後バッテリー切れの警告が出る。

なんとまだ80%あったはずなのに!

後で車であっためてから起動すると78%程度に復活してましたとさ。

つまり雪山では常用の温度(5-35)を超えているので正常な動作は期待できないってことで。
もちろん事前にポケットの中であっためておけば、たぶん違った結果になったと思うけど
バッテリーの性能が落ちているのは間違いないでしょう。

カテゴリー: 携帯 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.