いまだにマニュアル天国 in ベトナム

日本で自動車といえばいまやほぼ100%オートマチックとなり、運転中眠くならないからという理由でマニュアル車(スポーツカーとか要らんので普通のMT車)を好んで乗る自分のような人種はいまや絶滅危惧種となっているという。

しかしベトナムに行くとオートマが1割かな?
タクシーはほぼマニュアル車だし、普通の車も日本ならオートマの設定しかない車種も普通にマニュアル車が存在する。

ベトナム滞在中にAT車乗ったのは、副社長のお抱えの車に乗ったときの一回こっきりだけだったという。

ちなみにバイクもクラッチなしでギアチェンジできるタイプのバイクが大半なのであります。これはオートマのブレーキは両手で操作することになるので、手が塞がるためと思われる。

マニュアルのバイクならブレーキは右手、右足で操作、ギアは左足。
左手が完全にあくので、バイクの積載量の限界を超えた荷物を押さえる手として左手をつかうわけである。オートマスクーターだとこの芸当はできまい!

カテゴリー: ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.