おもてなしに最適な日本料理

この間いつもお世話になっている翻訳家のかたがたをもてなすべく日本料理店(現地価格からすると2倍ぐらいの値段なのでいつもガラガラ)へ。

もてなすなら最高のものをとラーメンとか牛丼とかもあるけど「てんぷら」「刺身」などを注文したわけ。刺身の盛り合わせなぞ頼んだ日には、現地の食堂で一週間分食べられるであろう値段がかかる。

しかしだ、ベトナムの人にとっては、生魚の刺身はグロイ類の食べ物に入るのか、拒絶反応が・・・。確かに食べたことないと生系は厳しいだろう。

実は自分も生肉ってほとんど食べないので、ユッケとかレバ刺しとか頼まれた日には「なんてものを頼むんだこの野蛮人が」と昔は思ってたっけ(笑)

てんぷらもしょうが醤油が微妙な反応。
好評だったのはから揚げとかつくねとか肉じゃがとか庶民的なものの方でしたとさ。

ちなみに刺身の味は・・やはり現地ではそんなに数がでないのか鮮度がいまいち。

カテゴリー: ベトナム パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.