開かずのリアドアが開かれた

八月上旬に、外側からあかなくなり、おかしーなといじっているうちにチャイルドロックまでしてしまい内側からもあかなくなってしまった我が愛車の右リアドア。

普段後部座席つかわないから、次の点検まで放置しておくかと思ったんだけど、右側のリアが開かないのはかなり不便(荷物の出し入れ)なのでちょっと点検の日程を早めてディーラーへ。

「リアドアうっかりチャイルドロックまでしてしまいまして。。。多少傷ついてもいいから、ドア枠から棒突っ込んで、こじ開けられますかね?」とうかがったところ
「なるほどー。実はですね外側から開けるのは結構難しく成功率が2割以下なんです。それよりも何とか内張りを剥がして対処したほうがあく確立が高いです。」といわれたので任せることに・・・

待つこと3時間。ついに2ヶ月近く閉ざされていた開かずの扉が、最後の鍵もしくはアバカムの呪文によって開いたのだった!

ドアが開かなくなった原因はアウターハンドルの破損ではなく、ジョイント部分のプラスチックがいかれたためとのこと。修理部品を取り寄せるのでそれまではチャイルドロックを誤ってしないようにテーピングまでしてもらった。

交換見積もりは3000円以下。なら即直しましょう!

今週日曜に完全回復予定。

これでやっとスキーキャリアつけられるな。

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.